お見合いパーティー 参加者 多い 立ち回り方 男

お見合いパーティーの参加者が多い時の立ち回り方

スポンサーリンク

お見合いパーティーの規模はパーティーによって変わってきます。
合コンくらいの少人数で行うこともあれば、100〜150人ほどの大規模なお見合いパーティーも存在しています。
探せばもっと大きな規模で行われている例もあるのではないでしょうか。
どちらが良いかは人それぞれ違ってくるかもしれませんが、もし参加者が非常に多いパーティーに出向くのであれば立ち回り方には注意するようにしましょう。


参加者が多いということは、女性の数も多いので選択肢が増えるというメリットがあります。
それと同時に男性の数も多いので、ライバルが増えるというデメリットもあるわけです。
数打ちゃ当たるではないですが、できるだけ多くの女性と会話を交わすようにしましょう。

スポンサーリンク

どこに自分のことを気に入ってくれる女性がいるかはわかりませんし、少しの時間でも接するのと接しないのとでは結果が変わってきます。
一言二言でも会話をすれば、それで出会いは成立し発展する可能性があるので、ほんの少しでも接点を持っておきましょう。
参加者が多いお見合いパーティーで、自分を他者と差別化することも必要となるかもしれません。


これはとても難しいのですが、自分の特徴を出せるような立ち回り方をすると女性の印象に残ることができるでしょう。
もし自由な時間が取れるのであれば、何度か同じ女性の前に現れるような立ち回り方をすることで女性に気になってもらえます。
『また会いましたね』的な心理です。
参加者がこれだけいる中で、何度も同じ人に会うということに運命を感じる女性もいるでしょう。
あくまでも偶然を装って近づく方法もありますし、『気になるので戻ってきました』というのも効果があるかもしれません。
これだけでもお見合いパーティーの中で自分を演出することができてしまうのです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加