お見合いパーティー 断り方 断る方法 男性

お見合いパーティーで丁寧に断る方法について

スポンサーリンク

お見合いパーティーで女性に興味を持ってもらうということはとても嬉しいですよね。
しかし、自分が興味を持った女性以外の女性からアプローチされてしまうこともあるでしょう。
そんな時でも丁寧な断り方をしなければなりません。
決して適当に処理をしたり悪態をついたりしないようにしましょう。


お見合いパーティーで自分が好意を持っていない女性に気に入られてしまった場合、断り方ですが、しっかりと理由を付けてお断りをするというのが丁寧でいいでしょう。
『趣味の部分でわかり合えない要素があるように感じたので』や『お互い仕事が忙しくてふたりの時間を作ることができないのでは』や『結婚に対する価値観に少し違いがあるように思います』など、ハッキリとした理由を添えることで相手を納得させることができます。

スポンサーリンク

嫌な人に思われたくないという思いから『あなたはぼくには勿体ない』ということを言う人もいますが、これでは女性は納得しません。
とは言え、ルックスについて『趣味ではないから』とか『性格がそもそも気に入らない』など、容姿の部分を断りの理由としたり、性格について否定したりするのは避けましょう。
お見合いパーティーでのスマートな断り方ではありません。


考え方や価値観に言及する時は、相手が傷つかないように、しかし結婚相手としては考えられないということを明確に伝えましょう。
曖昧な断り方もNGです。
変に希望を持たせてしまうと女性は他の男性との出会いの機会を失ってしまいかねません。
お見合いパーティーでは、結婚を視野に入れた出会いを探しているわけですから脈がなければ丁寧に、しかし確実な断り方が求められるのです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加